眼精疲労の治療

眼精疲労は現代病の一つと言われる事があります。最近は事務仕事の殆どがパソコンによって管理されています。仕事中はずっとパソコンに向かっている人も多いでしょう。仕事が終わってもスマートフォンやゲーム機など、目を酷使する生活を送っている人もたくさんいます。眼精疲労に悩む人は増え続けています。

眼精疲労眼精疲労は筋肉の疲労です。目のピントを合わせる毛様体筋の疲労が考えられます。腕や足の筋肉と同じで、一度疲労を感じた筋肉は簡単には元に戻りません。腕や足の筋肉が疲れたらマッサージを受けるように、眼精疲労を感じたら疲れた筋肉のマッサージが必要です。

しかし眼精疲労の場合は手で触れられる所に筋肉はありません。そこで助けとなるのが鍼灸です。鍼灸では眼精疲労の治療のために目の周囲にあるツボを利用します。これらのツボを刺激し温める事で筋肉の疲れを取り、眼精疲労の改善をはかります。

鍼灸治療の利点はそれだけではなく、治療中のリラックス効果にもあります。眼精疲労を抱える人の殆どは常に目を酷使しています。治療中はその酷使から離れて目を温めますから、精神的なリラックス効果もあります。眼精疲労は筋肉が常に緊張する事で起きるため、リラックスする事は大切です。

≪参照リンク≫関内 クリニック
鍼灸治療を行っているほしの内科です。

Posted on

自律神経の治療

自律神経の乱れは様々な不調を招きます。頭痛やめまい、情緒不安定、うつ症状などは自室神経の乱れによって引き起こされる事が確認されています。自律神経の乱れは精神的な要素と捉えられる事が多く、治療に踏み切れない人も多くいます。しかし放っておくとこれらの症状は生活に支障をきたす重い症状に発展する可能性もあります。特に情緒不安定やうつ症状はひどくなると社会生活ができなくなり、ひきこもりの原因にもなります。

ストレス自室神経が乱れる原因は日々のストレスや生活習慣の乱れと言われています。現代社会では仕事の多様化や人間関係の複雑化でストレスを抱えている人が多く、自室神経のバランスを整える事は簡単ではありません。ストレスが自律神経を乱し、その症状がストレスとなる悪循環に陥る事もあります。

自律神経の乱れは東洋医学では治療が難しいと言われています。それは生活習慣から引き起こされる事も多く、精神的な要素も強いからです。鍼灸治療では自室神経を整えるために腕にあるツボを利用します。それらのツボには自室神経のバランスを整える働きがあるとされています。治療ではお灸が使われる事も多く、じんわりとツボを温める治療がリラックス効果となり、ストレスを軽減させるとも言われています。最後に、眼精疲労の治療について説明します。

Posted on

肩こり・腰痛の治療

鍼灸治療で改善が期待される症状は幾つかあります。その中の一つが肩こりや腰痛です。肩こりも腰痛も、多くの人を悩ませている疾患です。しかしこれらは日常生活を送る上ではさほど障害になっていない事もあり、わざわざ治療を受ける程ではないと放置されているケースが多くあります。しかし肩こりも腰痛も、体からの不調のサインです。放っておく事で日常生活に支障が出るほどの疾患に繋がる可能性もあります

マッサージ肩こり、腰痛の原因は普段の姿勢や生活習慣の乱れ、冷えや内臓の不調が原因とされています。筋肉が緊張し血行が悪くなる事でこりが起こります。そのため、鍼灸では筋肉の緊張を解し血行を良くする治療が行われます。

具体的には、肩こりの治療には肩から首にかけて点在するツボを刺激します。腰痛の場合は足やお尻にツボがありますから、これらのツボを刺激します。どの方法で刺激するかは状況に応じて鍼灸師が決めますが、お灸や針が基本です。症状が軽い場合はツボ押しのみで様子を見る場合もあります。

肩や腰痛と言うとマッサージを思い浮かべるかもしれませんが、マッサージは一時的な改善のみで、時間が経てばまた同じ症状が出る可能性が高いです。体質改善で根本的に治療する方が良いでしょう。続いては、自律神経の治療について説明します。

Posted on

クリニックで鍼灸

クリニッククリニックでの鍼灸治療の特徴は、既に出ている疾患症状を抑えるのではなく、体に刺激を与える事で自律神経や免疫の働きを促す事です。体は本来、病気に対する抵抗力を持っています。しかし加齢やストレス、生活習慣の乱れでそれらの抵抗力が弱まってしまい、疾患となって体に現れます。鍼灸は体が持つ本来の抵抗力を取り戻す事を主な目的としています。自然治癒力の向上を助ける治療ですから、例えば風邪薬や痛み止めのように、飲んですぐに症状が改善されるわけではありません。しかし内側からの抵抗力を高める事は、疾患を根本的に治療する事でもありますし、疾患の再発を予防する事にも繋がると考えられています。

鍼灸治療でよく使われる治療道具は針とお灸です。針は痛い、お灸は熱いからと治療を敬遠している人もいますが、鍼灸の治療は痛みも熱さもありません。鍼灸治療で使われる針は0.10ミリ~0.18ミリ程の細い針で、敏感な人がちくりとした刺激を感じる程度です。お灸も低温のものが出ていますし、肌の上にシールを乗せてその上にお灸をすえる方法もあります。心配な場合は治療前に鍼灸師に伝えておけば、治療中は特に考慮してもらえます。

鍼灸治療では慢性的になりやすい肩こりや腰痛自室神経の乱れ眼精疲労の治療も可能です。薬の服用で一時的に症状を紛らわすのではなく、体の治癒力を高め根本的な改善を目指すのが鍼灸です。また鍼灸は幹部を温める治療も多く、リラックス効果も期待できます。

Posted on