眼精疲労は現代病の一つと言われる事があります。最近は事務仕事の殆どがパソコンによって管理されています。仕事中はずっとパソコンに向かっている人も多いでしょう。仕事が終わってもスマートフォンやゲーム機など、目を酷使する生活を送っている人もたくさんいます。眼精疲労に悩む人は増え続けています。

眼精疲労眼精疲労は筋肉の疲労です。目のピントを合わせる毛様体筋の疲労が考えられます。腕や足の筋肉と同じで、一度疲労を感じた筋肉は簡単には元に戻りません。腕や足の筋肉が疲れたらマッサージを受けるように、眼精疲労を感じたら疲れた筋肉のマッサージが必要です。

しかし眼精疲労の場合は手で触れられる所に筋肉はありません。そこで助けとなるのが鍼灸です。鍼灸では眼精疲労の治療のために目の周囲にあるツボを利用します。これらのツボを刺激し温める事で筋肉の疲れを取り、眼精疲労の改善をはかります。

鍼灸治療の利点はそれだけではなく、治療中のリラックス効果にもあります。眼精疲労を抱える人の殆どは常に目を酷使しています。治療中はその酷使から離れて目を温めますから、精神的なリラックス効果もあります。眼精疲労は筋肉が常に緊張する事で起きるため、リラックスする事は大切です。

≪参照リンク≫関内 クリニック
鍼灸治療を行っているほしの内科です。