自律神経の乱れは様々な不調を招きます。頭痛やめまい、情緒不安定、うつ症状などは自室神経の乱れによって引き起こされる事が確認されています。自律神経の乱れは精神的な要素と捉えられる事が多く、治療に踏み切れない人も多くいます。しかし放っておくとこれらの症状は生活に支障をきたす重い症状に発展する可能性もあります。特に情緒不安定やうつ症状はひどくなると社会生活ができなくなり、ひきこもりの原因にもなります。

ストレス自室神経が乱れる原因は日々のストレスや生活習慣の乱れと言われています。現代社会では仕事の多様化や人間関係の複雑化でストレスを抱えている人が多く、自室神経のバランスを整える事は簡単ではありません。ストレスが自律神経を乱し、その症状がストレスとなる悪循環に陥る事もあります。

自律神経の乱れは東洋医学では治療が難しいと言われています。それは生活習慣から引き起こされる事も多く、精神的な要素も強いからです。鍼灸治療では自室神経を整えるために腕にあるツボを利用します。それらのツボには自室神経のバランスを整える働きがあるとされています。治療ではお灸が使われる事も多く、じんわりとツボを温める治療がリラックス効果となり、ストレスを軽減させるとも言われています。最後に、眼精疲労の治療について説明します。